2016年 08月 14日
S3 sedan 納車

タイトルの通りA6からS3セダンに乗り換えをしました。


f0224184_21423290.jpg



しましたというと最近乗り換えたような言い回しですがS3に乗り換えてから
2年ほど経過します。(ブログでのご報告が遅れてました)



f0224184_21325886.jpg



A6はいい車でしたが、当然ながら「いい車=楽しい車」ではないわけで
一言でいうとA6は楽しく無かった・・・。


私の車遍歴の中で最短の9か月で売却。予想通りリセールもよくありませんでした。



A6からの乗り換えの時はいろいろと候補の車種がありましたが今回はS3セダンの指名買です。


クルマ好きであればいつかはスペシャルモデルに乗ってみたいという思いがあり
デザイン的にもストライクなS3となりました。


f0224184_21424274.jpg



エンジンは2Lターボと排気量はA6からダウンしましたが、運動性能、レスポンス、
ハンドリング、どれをとってもS3のほうがダントツです。

f0224184_21425424.jpg



楽しさという点ではとても満足してますが、不満点もあります。


・室内空間の狭さ(積載力不足)
・威圧感の無さ
・静粛性、乗り心地の悪さ


この3点はとくに気になります。室内空間の狭さは購入する前から分かっていましたが
家族が増えたこともあり、帰省の時や趣味のキャンプの時にはかなりシンドイです。

威圧感の無さは人にとってはいい意味でもありますが、A6の時と比べて明らかに割り込み
や煽り運転に遭遇する事が多くなりました。まぁクルマをしらない普通の人からしたらS3
とA3の区別はつきませんからね・・・。

クルマ乗りとツーリングしている際もワイド感が無いから、後ろから責められてもプレッシャー
を感じないと言われました(涙)

静粛性、乗り心地の悪さについてはSモデルだから仕方ないと言われるとそうですが、もっと
上のクラスのSモデルだと静粛性を保ちながら絶妙な排気音を醸し出している気がします。

乗り心地についてはホイルベースが短い車なのでピッチングが気になるレベルです。


走りを求めると、ほかの部分で失う事もありクルマ選びって難しいなぁ~と感じてます。

f0224184_2222117.jpg


あと1年で初回車検なので小さな不満はあるものの、今のところ楽しさが勝っているので
車検は通す方向で考えてます。
[PR]

# by bird-note | 2016-08-14 22:02 | S3
2014年 10月 05日
A6 セダン 納車
購入する車種はきまったので、あとはグレードから選定するだけです。


A6 セダン(4G)で選べるグレードは以下の通り


・3.0 TFSIクワトロ セダン 2994cc 7AT/4WD
・2.8 FSIクワトロ セダン 2772cc 7AT/4WD
・2.0 TFSI セダン 1984cc CVT/FF
・2.0 ハイブリッド 1984cc 8AT/FF

※私が購入を検討して時は2.0のFFは用意されてませんでした。



結論から言いますと、「3.0TFSIクワトロ 」モデルを購入しました。



f0224184_0233048.jpg



3.0グレードの選定に至る経緯を長々と書いていきたいと思います。



まず、この中で真っ先に検討から外れるのはFFモデル。

このクラスのセダンで、しかもアウディを買うのだからFFモデルはありえません。

なので2.8か3.0の2選から選ぶことになります。


某県のディーラーの営業マンに2.8と3.0で悩んでいる旨の相談をすると
「排気量は0.2しか変わりませんから、どっちもそんなに変わらないですよ!」
っと自信満々の回答(汗)

その後、すぐにディーラーを去ったのは言うまでもありませんが(笑)


ディーラーでは詳細な情報が頂けなかったのでカタログと睨めっこしながら
2.8と3.0の比較を行いました。


まず圧倒的に異なるのはパワーです。

2.8FSI クワトロのV型6気筒直噴の204馬力
3.0TFSI クワトロのV型6気筒直噴+スーパーチャージャーで300馬力

3.0に搭載されるエンジンはS5やS4のスペシャルモデルに搭載される
エンジンと同じタイプのものです。


f0224184_0235777.jpg



その他、A7やA8にも搭載されており、アウディの主力エンジンです。


実際にA6の2.8と3.0を試乗させてもらいましたが、このパワーの差は
ほんの数時間の試乗では分からないと思います。


と言うのも2.8もトルクがありSトロが絶妙な仕事をしてくれますので
日常で困ることは無いと思います。

なので、他の方のブログでもよく書かれている「2.8でも十分」っという
評価になるのも納得です。


逆に3.0を試乗しても、ディーラーの営業マンを後部座席に乗せながら
ダイナミックモードでアクセルベタ踏みできる勇気のある方以外は2.8との
差はなかなか感じることができないと思います。


しかしながら、実際に3.0を所有して思いましたが、やはり100馬力の差は
大きいです!


車重が1800Kg前後あるセダンですから、高速で本線に合流する際や追い越し
加速での余裕が全く違います。

0-100kmを5.5秒で駆け抜けることができます。

スーパーチャージャーなのでターボラグも無く、少しアクセルを踏むだけで
リニアにパワーが出力されるので非常に気持ちがいいです。これぞビッグセダン
の余裕とも言えるのではないでしょうか。


回して楽しいエンジンという感じではありませんが、ピックアップも非常によく
とても優れたエンジンだと思います。


f0224184_0243344.jpg


パワー以外にも標準装備の面で2.8と3.0は大きな差があります。カタログ
ベースで調べただけでも以下の違いがあります。


・シート本革仕様(ミラノ)
・シートヒーター(リヤ)
・アダプティブクルーズコントロール
・パドルシフト付本革巻き4スポーク マルチファンクション ステアリングホイール
・電動チルト/テレスコピックステアリングコラム
・4ゾーンデラックスオートエアコンディショナー
・電動サンブラインド(リヤ)/サンブラインド(リヤサイド)
・ハイビームアシスト
・プレセンスプラス(プレセンス機能に加えてアウディブレーキガード)
・アウディ サイドアシスト
・アウディ アクティブレーンアシスト
・サイドエアバッグ(リヤ)
・リアブレーキ ベンチレーテッドディスク


f0224184_031718.jpg




安全装備面で充実が図られているほか、快適装備でも抜かりが無いです。
ほとんど使うことはありませんが、リアの電動サンブラインドは感動しました(笑)


A6というセダンに何を求めるか? 

人によって異なるとは思いますが、SUVでもなくハッチバックでもないセダンを敢えて求めるのには
それなりの拘りがあると思います。



f0224184_029308.jpg



その拘りが2.8で満たすことができるのであれば良いのですが、私は3.0モデル
でしか満たすことはできないと思い、購入に至りました。


f0224184_0335698.jpg



まさか、TTクーペからA6に乗り換えるとは想像もしていませんでしたが、V6エンジンと
トルセンデフのクワトロを楽しみたいと思います♪
[PR]

# by bird-note | 2014-10-05 00:38 | Audi A6
2014年 03月 01日
次期戦闘機の候補車選び
TTの故障が目立つようになってきてから、年末から年始にかけて本格的に次期戦闘機選びが頭の中で
行われておりました。


次の次期戦闘機(愛車)の条件としては


・ドアが4枚
・以前乗っていたTTよりも早いこと
・荷物が載ること


この条件からして、クーペは卒業が決定!

また歳をとって時間にもお金にも余裕ができたらクーペにカムバックしたいと思ってます!




そして、これらの条件から、調達候補として上がってきたのは


・BMW5シリーズ(F10) 535i
・レンジローバーイボーグ
・A6 3.0TFSI
・S5 スポーツバック



アウディばかり乗り継いでいるので、いつかは駆け抜ける歓びを味わいたいと心の中で思って
たので、始めにBMWを検討。


3シリーズは街中でたくさん見かけるので却下、4シリーズのデビューが目前まで迫ってますが
クーペなので検討からは外れます。


本当はBMW6シリーズ グランクーペあたりがストライクなのですが、予算的に無理・・・汗


一番、BMWの良さが分かりやすい5シリーズでTTより早い車となる535iを検討。


f0224184_1044375.jpg



最近のBMWのインテリアは、アウディと比べても質感やデザイン性も自分の好みで、申し分ない。

しかし結局のところ次の愛車にはなりませんでした。


理由は、嫁からの猛反対です・・・。


どうも、BMWの特徴でもあるキドニーグリルが嫌なようです(汗)


ちなみにベンツのあのマークも嫌いとのこ事。


なぜアウディのシングルフレームが嫁的にOKなのかは分かりませんが、BMWのあのグリルは鼻の〇の
ようで嫌いらしい(笑)


ボディのプレスラインの造形はアウディよりも美しいと思いますが、走りとか、機能とかを語るまえに
エクステリアデザインが理由で検討外となりました。



つづいての検討候補はレンジローバーイボークです。


f0224184_1053433.jpg




1年ほど前に、近所でモーターショーが開催された時に試乗したことがあり、大きさも思ったほど
大きくないので、SUVで4ドアならイボークが良いなぁっと、その当時は思いました。


ルックスもカッコイイし、SUVに興味がない人も、これなら好きになる人も多いと思います。

なぜクーペからSUVに興味が移ったかと言うと、最近、個人的にハマっているキャンプがモロに影響
してます♪


キャンプ場にいくと、大体がSUV系のクルマかミニバンが沢山いるんですよね。


キャンプってテントから寝袋、タープにクーラーボックスとか必要で、荷物が多くなるんですけど
TTの場合、ギリギリなんとか2+2のスペースを倒せば載せることはできたんですが、流石に
これ以上、キャンプ道具を増やすと無理な状態でした。


しかも、TTでキャンプ場に乗り入れると、まわりのキャンパーからすごく場違いな感じで見られる
んですよね(笑)


f0224184_1104924.jpg


                           昨年のサマーキャンプの様子。



まぁ、その場違いオーラーを出しながらのキャンプも嫌いではないんですが・・・


そんな時に、イボークだったら画になるし、SUVなのでキャンプにもピッタシ!
っと思って検討に入りました。



で検討した結果、おもったほどトランクに積載スペースが無いことと、2リッターターボで
同クラスのSUVにしては走るほうだと思いますが、TTより俄然遅い。


そして、排気量の割りにお値段が高いって事で、検討から外れました。




なんだかんだで、結局はアウディになっちゃうわけですが・・・汗


アウディの中で条件を満たすS5スポーツバックの検討に入ります。
(A5スポーツバックは遅いので初めっから検討外。)


f0224184_11222549.jpg



S5スポーツバックは、荷物も沢山載るし、かなりベストなクルマだったのですが
内装の古さが隠しきれないなぁ~と検討当初から感じてました。


f0224184_11224887.jpg




アウディはA7以降インテリアデザインが変更され、より一層のクオリティが高くなったと思います。
最近ではA1や新型A3もインテリアデザインが変更されて、質感が向上してます。


なので、どうしてもS5(A4、A5も共通ですけど)系のインテリアと最近のアウディのインテリアを比べる
と見劣りしてしまうんですよね~。

プッシュスタートエンジンなのに、キーを差し込む必要がある事も理解できないし・・・(笑)


しかもA4とA5,S5はインテリアが共通なので、A4は来年か再来年にはフルモデルチェンジされるでしょう
から、現在のところアウディシリーズでは一番古いインテリアデザインとなります。


クルマってエクステリアよりもインテリアのほうが見る機会は多いので、インテリアは重要だと思う
んですよね。


なので、S5SBは検討から外れます。



って事で、最終的に残ったのはアウディA6セダンになっちゃいました。



このEセグメントには強力なライバルがいますから、アウディも手の抜きようが無いでしょうし
今、アウディが持っている技術、デザインが一番詰まってるモデルだと思いますね~。




クルマの候補選びは、このような妄想が行われ、最終的にはA6(C7)を購入することになったわけですが
次回はA6のシリーズから候補を絞っていきたいと思います。
[PR]

# by bird-note | 2014-03-01 11:05 | Audi A6
2014年 02月 15日
Audi TT 故障 そして売却
久しぶりの更新です。


ブログをサボっている間に、アウディTTを売却しました。


狭いこと以外はとても満足してましたから、まだまだ乗るつもりで車検も通して、タイヤ、DSGオイル、
バッテリーと一通り交換してメンテナンスをしていたんですが


ある日突然、道路のど真ん中でエンジンストール・・・・


はじめは、たまたまエンジンの調子が悪かったんだろうと思いましたが、頻繁にエンジンがストール・・・汗

事象はアクセルを踏んでいるのに急にエンジンがストールします。燃料満タンでも発生します。


ディーラーに事象の詳細に伝え、ストール後にiPhoneで撮影した動画をメカニックに見せて説明し
3日間ほど検査点検してもうらことに。


結果はコンピューターにはなんのエラーも残っていない。おそらく燃料がエンジンに供給されていないこと
が原因かと思われるが、燃料ポンプ、噴射圧、プラグすべて適正の範囲との事。

もし問題があるとすれば、ECUが問題の可能性もあるが、ECUを交換したからといって確実に
症状が治るとはいえないとの事・・。ECUがエラーをエラーとして正常に認識できない状態かもとの事。



ストールしたときもセルモーターは回るので、燃料系のトラブルかと予想してましたけど、治るかどうか
分からないECUの交換に20万は即決しかねるので、クルマを引き取り様子を見ることにしました。


それからしばらくは、事象が発生しませんでしたが、その日は突然やってきました。


その日は、毎年の年末のイベントで片道500kmほどの博多にTTで出かけたときです。
イベントが終わり自宅に帰ろうと福岡都市高速に乗ろうとしたところ、エンジンストール。。。


いつもの事象と同じ、アクセルを踏むとストール、ストップ時からのアクセルオンではなく巡航中
加速をするためのアクセルオンでストールです。確実に燃料がエンジンに供給されてない気がします。


これがもし、高速に乗った後で発生したと思うと・・・・・滝汗


福岡にクルマを置いて帰るわけにも行きませんので、近くのディーラーにレッカー車で牽引してもらい
ました。博多の中心地で、12月の寒空の中、牽引車がくるまで1時間近く待ちました。


年末が近かったこともあり、ディーラーは大忙し。一応、テスターでエラーが出てないか検証してくれ
ました。


すると、「燃料フィルターに問題あり」的なエラーが検出されました。そして、入庫後しばらくするとエンジンがかかり、なんとか自宅に帰りつくことができました。。。


そして、次の日、出社中にもエンジンストール・・・。片側一車線の幹線道路で、しかも朝の通勤中に
クルマを路肩まで押しました。


この瞬間に今までの愛着も完全に吹っ飛びました!!!百年の恋も冷める瞬間ってやつです。


牽引車を手配して、ディーラーに電話して、(このあたりの手配は度重なるストールでなれましたw)
代車で出社。


出社するなり、インターネットでクルマ買取サイトに登録し、矢継ぎ早に出張査定のアポイントを取り
査定してもらいました。

3代目TTの発売も迫ってましたから、リセールバリューがある時期としてはギリギリの時期でもあり
ますし、少しは悩みましたが・・・・・


TTを売却。 


2.0のS-Line、カラーがホワイトということもあり、9万キロ近く走行してましたが、まぁまぁな
お値段で買い取っていただきました。

(因みに、売却する前には、自費で燃料フィルターを交換し、故障が疑われる部分はすべて交換
しました。)


TTはFFからクワトロへと2台乗り継いだ経緯がありFFの時期も合わせると6年くらいは乗ってたかなぁ。


愛着もあったぶん、原因不明の故障が頻発し、最後はある意味、裏切られた感がありましたけど

いろいろなところへドライブに連れて行ってもらい

いろんな思い出が作れた最高のクルマでした。
(故障する前まではね(笑))



走ることの楽しさ、クワトロの素晴らしさ、軽い事の優位性、ほんとにBESTなクルマでした。



次のオーナーのところでも大切にしてもらえるといいなぁ。



f0224184_11123624.jpg




ありがとう、TT。
[PR]

# by bird-note | 2014-02-15 10:55 | Audi TT
2013年 08月 14日
ZUCA フライヤー レビュー
本日は、久々にMonoレビューだけのためにポストします。

というのも、あまりにネットに情報が上がっていないので、いつも人様のブログを
拝見してばかりなので、すこしはコチラからも配信しようかと。


そんな経緯で、こんかいのMONOレビューはキャリーバック

「ZUCA フライヤー」のレビューです。



ZUCAプロのレビュー・口コミはネット上にもちらほらあるのですが、ZUCAフライヤーのレビューは
ほぼ皆無・・・・。


なので、私が人柱になりましょうw


私の場合クライアントと会議する際は直接キャリーバックで会議室に通されるので
ちょっとZUCAプロの形はビジネスっぽっく無いなと思い、フライヤーにしました。


てな訳で、さっそく買ってみました。



ZUCAフライヤーは2色あるんですが、シルバーをチョイスしました。黒は何度か使用すると
塗装が剥げるとの噂を聞いて、シルバーにしました。


f0224184_22184256.jpg



丁寧に包装されています。


f0224184_22204741.jpg



ZUCAの特徴でもあるトップの座面です。超クールなシルバーです!!


f0224184_22213456.jpg



未使用の新品を購入したつもりでしたが、細かい傷が入ってました・・・・まぁ、こればかりは
こういう素材の場合はしょうがないとあきらめましょうw。



全体的にはこんな感じ。


f0224184_2222452.jpg



全面の小さなカバーはマグネットになってます。


メーカーサイトとかでみると結構大きそうなのんですけど、普通の機内サイズと同じなんですよね。


でも、アルミフレームの視覚的な効果もあって、大きく見えます。



ZUCAの特徴でもある、インサートとばっくもいっぱい付属されてます。


f0224184_2224592.jpg



それぞれ、カラーが違って、オレンジ色のインサートバックは一番下に収納するようにサイズが
微妙に違います。

これは、ケースの一番下は車輪がある為、その幅に合わせて造られています。


この辺は、アメリカ産なのにしっかり考えているなと感心。ドイツ産なら、納得ですが、アメリカンで
は珍しい。



収納するとこんな感じ。

f0224184_22272957.jpg




サイドにはファスナー付きのポケットが2つ。オープンポケットが一つ。

ちょうどiPadミニが入るサイズです。 オープンのほうはペットボトルが入りました。


f0224184_22394129.jpg




背面はこんな感じでオープンのポケットが一つあります。


f0224184_22302034.jpg





底は見ることはないですが、こんな感じで、すこしでも軽量化をおこなってます。


f0224184_2231149.jpg



このローラーとはべつに固定のしっかりとした足が4つあるので、キャリーしない時は
微動だにしません。

人込みが多い浜松町のエスカレーターでも、がっちりと自立します。これは他のキャリーバック
とは違う点かと感じました。



実は、RIMOWAも持っていますが、RIMOWAのデメリットをあげると


・ローラーが非常に煩い。
・フルオープンにしないと物が取り出せない。
・けっこう皆とかぶる。


一番のデメリットのローラーが煩いのはホントに我慢できません。。。普通のアスファルトでも煩くて
前を歩いている人が振り向くんですよね・・・・。


同僚からも「煩くね!?」って突っ込まれますし。



と脱線しましたが、そんな経緯もあり、ZUCAのこの大型ローラーには期待して購入。


f0224184_22324867.jpg



実際に、使用してみましたが、これはステルスキャリーバックですww


RIMOWAと比べると全然、音がしません。国産メーカーはもともと静かなタイプも多いですが
こいつの静かさはレベル高いと思います。




つづいて、付属のインサートバックを被せてみました。



f0224184_22412947.jpg





ダサ!!!   関西のおばちゃん達がもってませんか? こういうキャリー。



まぁ、一生使うことはないでしょうけど、海外旅行なんかする方で荷物を預ける方はこの
インサートバックを被せたほうがいいかもしれません。


理由は、雑に扱われると天版のアルミにキズがたくさん入るからです。



国内のプライオリティバッゲージサービスに預けても、天版に複数のキズが・・・orz



まぁしょうがない。



以上が写真で見るZUCAFLYERでした~。


つづいて実際の使った感想をまとまりなく記述します。




メリット


・誰とも被りません。
・スーツ着てZUCA転がしていると、みんな振り向きます。
・ローラーがメチャ静か。
・インサートバック便利です。荷物少ない私は5日分くらいは余裕でした。
・ポケットがたくさんあって小物の収納にOK
・アルミがカッコいい!!(なんか武器が入ってそう)
・ギリ、手荷物OKです。実際に787、767、737には収納可能です。
・ケース表面に収納が多いので、携帯、Ipadの収納に困らない。(空港待ち時間に便利)



デメリット

・目立ちすぎます。色んな人に話かけられます。
・JALCITY羽田ホテルに泊まった時にパイロットと間違えられます・・汗
・非常に重いです。
・ハンドルは途中で止まりません。
・ZUCAプロより座りずらいです、座面が横なので不安定です。
・アルミ部分にすぐキズが入ります。
・ポーターやバスの荷物を運んで下さる方がどこを持てば良いのか分からない。






個人的な感想ですが、だいたいこんなところでしょうか。買う前にほぼ納得して購入したので
後悔はしてません。


ここで購入を検討される方で女性の方は注意が必要です。

なんせZUCAはいまどきのキャリーバックと比べると重いです・・・汗

普段、転がす分には全然気になりませんが、機内持ち込みで荷物を飛行機に収納する際に
持ち上げるのが大変です・・・汗


私の経験ですが、4日の出張の際だと

4日分の着替え、iPad、Lets note(AX2)、充電器、ルーター等の周辺機器、書類、+ZUCA単体で
5kgなので、総重量が10kgくらいになります。


これを機内のあの高さに持ち上げるのは、腰にかなりの負担が来ます・・・・


CAさんに頼むのも酷ですし。なので、女性の方でフライトを伴う出張、旅行が多い方はプロテカ等の軽い
キャリーをチョイスしたほうが賢明かも。



長くなりましたが、このルックスとユーティリティには他のキャリーバックには無いことだと思います。


RIMOWA、ゼロハリ、サムソナイト等の鉄板キャリーに飽きて少しでも出張、旅を楽しもうとされる
方には持ってこいの相棒になると思います。
[PR]

# by bird-note | 2013-08-14 23:02 | Mono