2010年 10月 18日
CameReview No.1  ~一眼クオリティを全ての人に NEX-5~
不定期で更新される、なんちゃってPhotographerによるコーナーであります
「CameReview」

当て字のごとく、このコンテンツはCameraやレンズ・周辺機器などをReviewするものです。

ド素人のレビューですので、鵜呑みにせずに、軽く受け流して下さい♪
このコーナーはKenさんの「degiichi 素人論」を参考に(パクリで?)勝手ながら企画させて頂きました
m(_ _)m



記念すべき一回目のCameReviewは、今旬なカメラでもあります「Sony NEX-5」がターゲットです。
2010年の6月に発売された当機ですが、ミラーレス機としてはPanasonic、オリンパスについでの発売
となり、飽和状態の市場に投入するだけあり、それなりにメーカーの意気込みが感じ取れます。

早速、手元に取り寄せてみました。NEX-5 ダブルレンズキットになります。
f0224184_21355282.jpg


メーカーのキャッチは「一眼クオリティを全ての人に」であります。

この点を中心に私が感じたこのカメラへのレビューでありますが、まずは質感が意外とチープであります。
店頭で手に取ると、コンパクトボディに適度な重さと重厚なピアノブラックのような塗装+アルミ筺体のレンズでいかにも質感が高そうな感覚に陥りますが(私はそうでした)実際に、3カ月ほど使用した、NEX君のボディ
の一部は塗装がテカテカに(涙)

アルミを多用したレンズのピントリングにもキズが無数についております・・・。

Apple製品にあるような機能美からくるデザインではなく、写真を撮るという機能美からすると
素材・質感ともにアウトです。ハイ。


カメラはルックスよりも機能や画質とのお声も聞こえてきそうなので、肝心の画質ですが・・・・
キットのパンケーキレンズ(E16mm F2.8)はお世辞もキレイとは言えません。この画質は
標準的なコンデジと比較しても劣ります。ズームのE18-55mm F3.5-5.6 OSSレンズは
やっと一眼らしい描写を映し出してくれます。が解像度も弱く、ボケるのはボケますが、キレイな
ボケではありません。

光学機器はある程度、値段に比例するので、この値段だとこの程度のレベルなのかと諦めも付きます。
じゃあ~もっと良いレンズを買おうと思ってもEマウント用のレンズは現在少ないです。
私の持論ですがボディは負債、レンズは資産という考えですので通常はレンズは今後の資産になりますが
SonyのEマウントレンズを今後購入したところで資産になるかは微妙です・・・そもそもEマウントにどこまでSonyさんが本気なのか・・。


続いて機能面ですがデジタル一眼レフとミラーレスを比較したときに撮影の際に感じる一番違いはAFの遅さです。NEXのAFもその他のミラーレス同様に遅い。そしてAFの対象も迷った挙句に、なんでそこなの・・!?とツッコミを入れたくなるような精度であります。フレキシブルAF機能もありますが、面倒で使う気になりません。


f0224184_2233422.jpg



操作性もVer2.0のファームウェアでは使い勝手も悪いです。一眼レフは被写体と向き合いながら
直感的にISOや絞り、SSなどを変更できますが、NEX君は操作に慣れたところで物理的なボタン
がないのでできません。この点はカメラを使うユーザーによっては逆にコンデジのような操作感が
好まれる場合もあるので、なんとも言い難い部分ではあります。


まとまりの無いレビューになってきているので冒頭のメーカーのキャッチでもある
「一眼クオリティを全ての人に」についてであるが、半分は的を得ていると思う。

コンデジからのステップユーザーにとってはASP-Sサイズのセンサーが醸し出す
一眼ならではのボケが簡単に楽しめるし点はとても魅力的♪なによりも携帯性が良い。
重くて無骨な一眼レフとは対照的に片手でスタイリッシュに撮影ができます。


ただ、思うのは一眼クオリティとはボケてレンズ交換ができて、軽くて誰でも一眼が
使えます~♪的なメーカーさんのキャッチなんだろうけど、何をもってして一眼のクオリティなんだろうかと悶々と考えちゃいました・・・。


また僕のなかでこのニュータイプのカメラに対しての明確な答えが出てませんが
NEXが言うところの一眼クオリティには写真を撮影する楽しみは全ての人には
与えれないってことかなと感じてます。

昔ながらの考えなのか、やっぱ被写体に向かってファインファーを覗きながら
重くて無骨な一眼レフを構える一連の行為が、自分にとっては重要な一眼クオリティの
要素だなと再認識しました♪

当分は重い一眼レフが愛機になることはNEXを使ってみて確信に変わりました(笑)

サブ機としてNEXを使うには大きすぎるし、パンケーキレンズの描写ならサブ機の用途としては
PanaのLX-5かCanonのS95もしくはリコーのCXの方が勝っていると思われます。


辛口なレビューをしつつも、気になる存在であることは変わりない・・・・・それがNEXです。

by bird-note | 2010-10-18 22:41


<< Planet Earth      HAKOZAKI FUTOU >>