人気ブログランキング |
2014年 02月 15日
Audi TT 故障 そして売却
久しぶりの更新です。


ブログをサボっている間に、アウディTTを売却しました。


狭いこと以外はとても満足してましたから、まだまだ乗るつもりで車検も通して、タイヤ、DSGオイル、
バッテリーと一通り交換してメンテナンスをしていたんですが


ある日突然、道路のど真ん中でエンジンストール・・・・


はじめは、たまたまエンジンの調子が悪かったんだろうと思いましたが、頻繁にエンジンがストール・・・汗

事象はアクセルを踏んでいるのに急にエンジンがストールします。燃料満タンでも発生します。


ディーラーに事象の詳細に伝え、ストール後にiPhoneで撮影した動画をメカニックに見せて説明し
3日間ほど検査点検してもうらことに。


結果はコンピューターにはなんのエラーも残っていない。おそらく燃料がエンジンに供給されていないこと
が原因かと思われるが、燃料ポンプ、噴射圧、プラグすべて適正の範囲との事。

もし問題があるとすれば、ECUが問題の可能性もあるが、ECUを交換したからといって確実に
症状が治るとはいえないとの事・・。ECUがエラーをエラーとして正常に認識できない状態かもとの事。



ストールしたときもセルモーターは回るので、燃料系のトラブルかと予想してましたけど、治るかどうか
分からないECUの交換に20万は即決しかねるので、クルマを引き取り様子を見ることにしました。


それからしばらくは、事象が発生しませんでしたが、その日は突然やってきました。


その日は、毎年の年末のイベントで片道500kmほどの博多にTTで出かけたときです。
イベントが終わり自宅に帰ろうと福岡都市高速に乗ろうとしたところ、エンジンストール。。。


いつもの事象と同じ、アクセルを踏むとストール、ストップ時からのアクセルオンではなく巡航中
加速をするためのアクセルオンでストールです。確実に燃料がエンジンに供給されてない気がします。


これがもし、高速に乗った後で発生したと思うと・・・・・滝汗


福岡にクルマを置いて帰るわけにも行きませんので、近くのディーラーにレッカー車で牽引してもらい
ました。博多の中心地で、12月の寒空の中、牽引車がくるまで1時間近く待ちました。


年末が近かったこともあり、ディーラーは大忙し。一応、テスターでエラーが出てないか検証してくれ
ました。


すると、「燃料フィルターに問題あり」的なエラーが検出されました。そして、入庫後しばらくするとエンジンがかかり、なんとか自宅に帰りつくことができました。。。


そして、次の日、出社中にもエンジンストール・・・。片側一車線の幹線道路で、しかも朝の通勤中に
クルマを路肩まで押しました。


この瞬間に今までの愛着も完全に吹っ飛びました!!!百年の恋も冷める瞬間ってやつです。


牽引車を手配して、ディーラーに電話して、(このあたりの手配は度重なるストールでなれましたw)
代車で出社。


出社するなり、インターネットでクルマ買取サイトに登録し、矢継ぎ早に出張査定のアポイントを取り
査定してもらいました。

3代目TTの発売も迫ってましたから、リセールバリューがある時期としてはギリギリの時期でもあり
ますし、少しは悩みましたが・・・・・


TTを売却。 


2.0のS-Line、カラーがホワイトということもあり、9万キロ近く走行してましたが、まぁまぁな
お値段で買い取っていただきました。

(因みに、売却する前には、自費で燃料フィルターを交換し、故障が疑われる部分はすべて交換
しました。)


TTはFFからクワトロへと2台乗り継いだ経緯がありFFの時期も合わせると6年くらいは乗ってたかなぁ。


愛着もあったぶん、原因不明の故障が頻発し、最後はある意味、裏切られた感がありましたけど

いろいろなところへドライブに連れて行ってもらい

いろんな思い出が作れた最高のクルマでした。
(故障する前まではね(笑))



走ることの楽しさ、クワトロの素晴らしさ、軽い事の優位性、ほんとにBESTなクルマでした。



次のオーナーのところでも大切にしてもらえるといいなぁ。



f0224184_11123624.jpg




ありがとう、TT。

by bird-note | 2014-02-15 10:55 | Audi TT


<< 次期戦闘機の候補車選び      ZUCA フライヤー レビュー >>