2014年 03月 01日
次期戦闘機の候補車選び
TTの故障が目立つようになってきてから、年末から年始にかけて本格的に次期戦闘機選びが頭の中で
行われておりました。


次の次期戦闘機(愛車)の条件としては


・ドアが4枚
・以前乗っていたTTよりも早いこと
・荷物が載ること


この条件からして、クーペは卒業が決定!

また歳をとって時間にもお金にも余裕ができたらクーペにカムバックしたいと思ってます!




そして、これらの条件から、調達候補として上がってきたのは


・BMW5シリーズ(F10) 535i
・レンジローバーイボーグ
・A6 3.0TFSI
・S5 スポーツバック



アウディばかり乗り継いでいるので、いつかは駆け抜ける歓びを味わいたいと心の中で思って
たので、始めにBMWを検討。


3シリーズは街中でたくさん見かけるので却下、4シリーズのデビューが目前まで迫ってますが
クーペなので検討からは外れます。


本当はBMW6シリーズ グランクーペあたりがストライクなのですが、予算的に無理・・・汗


一番、BMWの良さが分かりやすい5シリーズでTTより早い車となる535iを検討。


f0224184_1044375.jpg



最近のBMWのインテリアは、アウディと比べても質感やデザイン性も自分の好みで、申し分ない。

しかし結局のところ次の愛車にはなりませんでした。


理由は、嫁からの猛反対です・・・。


どうも、BMWの特徴でもあるキドニーグリルが嫌なようです(汗)


ちなみにベンツのあのマークも嫌いとのこ事。


なぜアウディのシングルフレームが嫁的にOKなのかは分かりませんが、BMWのあのグリルは鼻の〇の
ようで嫌いらしい(笑)


ボディのプレスラインの造形はアウディよりも美しいと思いますが、走りとか、機能とかを語るまえに
エクステリアデザインが理由で検討外となりました。



つづいての検討候補はレンジローバーイボークです。


f0224184_1053433.jpg




1年ほど前に、近所でモーターショーが開催された時に試乗したことがあり、大きさも思ったほど
大きくないので、SUVで4ドアならイボークが良いなぁっと、その当時は思いました。


ルックスもカッコイイし、SUVに興味がない人も、これなら好きになる人も多いと思います。

なぜクーペからSUVに興味が移ったかと言うと、最近、個人的にハマっているキャンプがモロに影響
してます♪


キャンプ場にいくと、大体がSUV系のクルマかミニバンが沢山いるんですよね。


キャンプってテントから寝袋、タープにクーラーボックスとか必要で、荷物が多くなるんですけど
TTの場合、ギリギリなんとか2+2のスペースを倒せば載せることはできたんですが、流石に
これ以上、キャンプ道具を増やすと無理な状態でした。


しかも、TTでキャンプ場に乗り入れると、まわりのキャンパーからすごく場違いな感じで見られる
んですよね(笑)


f0224184_1104924.jpg


                           昨年のサマーキャンプの様子。



まぁ、その場違いオーラーを出しながらのキャンプも嫌いではないんですが・・・


そんな時に、イボークだったら画になるし、SUVなのでキャンプにもピッタシ!
っと思って検討に入りました。



で検討した結果、おもったほどトランクに積載スペースが無いことと、2リッターターボで
同クラスのSUVにしては走るほうだと思いますが、TTより俄然遅い。


そして、排気量の割りにお値段が高いって事で、検討から外れました。




なんだかんだで、結局はアウディになっちゃうわけですが・・・汗


アウディの中で条件を満たすS5スポーツバックの検討に入ります。
(A5スポーツバックは遅いので初めっから検討外。)


f0224184_11222549.jpg



S5スポーツバックは、荷物も沢山載るし、かなりベストなクルマだったのですが
内装の古さが隠しきれないなぁ~と検討当初から感じてました。


f0224184_11224887.jpg




アウディはA7以降インテリアデザインが変更され、より一層のクオリティが高くなったと思います。
最近ではA1や新型A3もインテリアデザインが変更されて、質感が向上してます。


なので、どうしてもS5(A4、A5も共通ですけど)系のインテリアと最近のアウディのインテリアを比べる
と見劣りしてしまうんですよね~。

プッシュスタートエンジンなのに、キーを差し込む必要がある事も理解できないし・・・(笑)


しかもA4とA5,S5はインテリアが共通なので、A4は来年か再来年にはフルモデルチェンジされるでしょう
から、現在のところアウディシリーズでは一番古いインテリアデザインとなります。


クルマってエクステリアよりもインテリアのほうが見る機会は多いので、インテリアは重要だと思う
んですよね。


なので、S5SBは検討から外れます。



って事で、最終的に残ったのはアウディA6セダンになっちゃいました。



このEセグメントには強力なライバルがいますから、アウディも手の抜きようが無いでしょうし
今、アウディが持っている技術、デザインが一番詰まってるモデルだと思いますね~。




クルマの候補選びは、このような妄想が行われ、最終的にはA6(C7)を購入することになったわけですが
次回はA6のシリーズから候補を絞っていきたいと思います。

by bird-note | 2014-03-01 11:05 | Audi A6


<< A6 セダン 納車      Audi TT 故障 そして売却 >>